最近、ガソリンがとても高いです。
私が大学生の時(20年近く前ですが)、1リットルあたり86円のレギュラーガソリンをバイクに入れて走っていました。

現在はガソリンを同じようjに入れようと思えば、1リットルあたり165円はかかります。
家族4人で生活するのに、田舎では車が必需品ですが生活費にしめる
ガソリン代がとても高くなってきました。

軽自動車に乗っていますが、もう少しで車検なので燃費の安い車を探すことにしました。

妻といろいろと話しながら、インターネットで見ていると「アイミーブ」という三菱の電気自動車が気に入ったようで、私にも勧めてきました。

私も新しいモノが好きなので、まだ周辺の人達が載っていない「電気自動車」には興味津々です。

実際に車屋さんに出向いてパンフレットを貰ったり、説明を聞いてみましたが、補助金も70万円以上出るとのこと。
それに自動車の維持費で一番高いガソリンも使わない(当たり前!)ので維持費がとても安い。
もちろんガソリンではなく「電気」を消費していくのですが、それも
夜間電力を使えば1ヶ月あたりの電費は2000円程度というので夫婦ともにのり気になりました。

ただ、気になる点も幾つかあります。
結局その日は色々と聞くだけで、簡単な見積をもらって帰りました。

◇電気自動車を買うときの課題◇

1.高い
電費についてはとても安いです。
我が家での使用を考えると、1ヶ月あたりガソリンの5分の1程度になるのでとても魅力的なのですが、車両代がとても高いのです。
今回ディーラーに行って聞いた所によると、三菱のアイミーブの安いタイプで280万円程度します。
これから、補助金や下取りで値引きがあるのですが、今回100万以内であれば買いたいと思っています。

2.充電場所が少ない
充電するのは家庭でできますし、街なかにも電気スタンドがあります。
1回満タンに充電して車種にもよりますが120キロ~160キロ走って
500円の充電料金なのでかなり安いです。
ただ、この充電場所はまだまだ少なく私が住んでいる田舎では、ディーラーが2~3件と大型スーパーに1箇所設置されている程度。
また、家庭に設置するのに5万円程度必要なのと、私のようにアパートに住んでいる場合は大家さんの許可が必要であり、なかなか難しいようです。

3.サービスの受けられるところが少ない
車検や故障時のロードサービスなどが特定の会社でしか受けられない
ことがあります。
最近の任意保険では故障や事故の時に、引取・修理などがありますが、
電気自動車はまだ対応しているところが少ないため、最寄りの修理工場が遠くなってしまう可能性があります。
実際、車検を売りにしている近くの中古車販売店では電気自動車はメンテナンスもできないと断られました。

4.バッテリーの寿命
自動車の耐久性は普通のガソリン車で10年程度と言われていますが、
電気自動車は「バッテリー」があるので、その寿命が7年程度と言われているそうです。
だから、長く使いたい・・・と思っていても、難しいということになるようです。
※バッテリーの交換もできるようですが、40万円前後かかるとのことでした。

スポンサードリンク

5.航続距離が短い
フルに充電した時(ガソリンでは満タンにした時)に走れる距離が短いことです。
メーカーで公表されている数値は少し多めなので、ディーラーでは
その8割程度の距離が走れると思ってください・・・と言われました。
三菱のアイミーブなら、一般的なグレードで120キロなので約100キロというところでしょうか。
日産のリーフなら、一般的なグレードで220キロなので160キロくらいらしいです。
これが、使用年数が増えるごとに段々と少なくなっていくということで、
バッテリーの容量が減っていくようです。
近場の利用ならよいのですが、片道30~40キロのところでも少し充電切れを意識してしまいそうです。

◇電気自動車のメリット◇

1.電費がやすい
1か月あたりに1000キロ程度走る場合、ガソリン車の燃費に当たる電費は1kwあたり6キロということで、安い夜間電力を使えば、1ヶ月の電気代が2000円程度になるようです。
また、三菱自動車のアイミーブを見た後に、日産のリーフも見に行きましたが日産では「ゼロ・エミッション」という活動をしていてその会員になっていれば1か月1600円程度の支払いで6ヶ月毎の点検と1回めの車検の費用、そして充電が無料でできるというサービスが有るのです。
これをうまく利用すれば、電費が「0円」ということも可能なようです。

2.補助金が出る
現在、エコカーの補助金が少なくはなりましたがまだもらえます。
三菱のアイミーブなら、現在(H26年8月)で75万円、日産のりーふなら53万円の補助金がもらえるそうです。

3.レンタカーが安く借りられる
日産の「ゼロ・エミッション」の会員の特典で、年間3回まで70%オフでレンタカーが借りられるというサービスがあります。
これを使えば、普段は近場を電気自動車で、遠出をするときにはガソリン車と使い分けることができそうです。
通常1万円するレンタカーが3000円で利用できるというのは魅力ですよね。

◇電気自動車の購入を検討した結果◇

現在、軽自動車は2台所有しているのですが、今年から私があまり使わないことになったので、これを機に1台にしようという話も出ていたので、2台共に下取りでできるだけ支払いを少なくして変えないかと考えました。

でも、実際には私の考えが甘かったのか、2台合わせての下取り価格が65万円と予想を大きく下回りました。
2台あるうちの1台は今回が初めての車検なので、提示され多額の倍は価値があると思っていたのですが、人気がある車種だからこそ市場で値崩れを起こしているようで、見積額が35万円程度でした。

補助金を合わせても、残りの額が150万円程度残ります。

残念ながら我が家の経済力では、とても買えないということがわかったので今回の購入計画は白紙となりました。

ただ、ガソリンが右肩上がりに値上がりをする現在、ゆくゆくは電気自動車にしたいと思いますし、もう少し電気自動車が一般的になり充電設備やメンテナンスの出来る工場が多くなるのを待ちたいと思います。

スポンサードリンク