最近は「デング熱」の流行で虫刺されに敏感になっています。
以前からムカデが家によく出るのですが、刺されることはありませんでした。
ただ、先日朝起きてみると3歳の子供の足が腫れているのです。
前日には無かった腫れで、蚊に刺されたのかとも思ったのですが
少し腫れ方が違うんです。
少し硬くなったような腫れ方で痛々しい。
痛痒いようで見ているのも可愛そうです。
このためムカデに刺された時の対応方法と、出ないように予防する方法についてまとめました。

□ムカデに刺されてしまったらどうしたら良いの?□
ムカデに刺されてすぐなら、以前このサイトでも紹介しましたが、
ムカデの毒はタンパク質で出来ているために、熱いお湯をかけると
タンパク質が変性して毒の性質が失われるそうです。
その結果腫れもひどくならずに済む・・・ということは知っているのですが
今回のように起きたら刺されていた・・・という時にはどうしたら良いのでしょうか?

 

□ムカデに刺されて時間が経ってしまった時
ムカデにかぎらず、虫に刺されて腫れてしまった時には毒が患部だけでなく周りにも広がっているということです。
刺されてすぐなら、とりあえず患部に吸い付いて毒を吸い出すのも有効ですが、時間が経ってしまった場合はあまり意味がありません。
その場合、アレルギー反応などを起こして呼吸困難などの症状がでることもありますので、自分で治そうとせずに病院に行くことが大切です。
家に常備薬として「ムヒ」や「キンカン」などの虫さされの薬を置いている
人も多いと思いますが、病院で治療をしたほうが治りも早いのでおすすめです。
毒の種類としてはスズメバチなどに近い強いものなのであまり軽く見ないで病院での治療を受けましょう。

 

□ムカデに刺されないためには□
ムカデに刺された場合の対処法について書いてきましたが、できれば刺されない方が良いに決まっています。
幼い子供が毒虫に刺されてしまうと可哀想なだけでなく、最悪の場合アレルギーによるショック症状を起こしてしまう可能性もあります。

そうならないためにも、ムカデ予防をすることが必要です。

予防・・・と言っても「絶対」というものはありません。
ただ、効果的なものをまとめてみました。

1.代表的な方法は薬剤
ムカデを防ぐ方法として最もポピュラーなのはやはり薬剤です。
殺虫剤としては「ムカデキンチョール」というものがあり、直接かけることで殺すこともできますし、ムカデが入ってきそうな場所に吹きかけておくことで入ってこないようにする効果もあるようです。
あと、殺虫剤ではなく「忌避剤」と呼ばれる薬剤もあります。
白い粉で家の周りに撒いておくことで家の中に進入するのを防ぐ方法です。

スポンサードリンク

ただこの方法のデメリットとしては、薬剤のためにムカデだけでなく人間にも有害であることです。
小さい子どもがいる家庭ではできるだけ殺虫剤や忌避剤などは使いたくないですよね。

2.ムカデを退治する効果的な方法
薬剤を使わないで退治する方法はいろいろとあります。
私はとりあえず見つけたらタオルや新聞紙などで包み、家の外に出してから叩いて殺します。(厚手のものでないと刺されるため)

ですが、女性の方や虫が苦手な方は布越しでも触りたくない・・・とか
気持ち悪いから嫌だという人もいるでしょう。
そんな場合にお勧めなのは、お湯で退治する方法です。
薬剤を使わないですし、ムカデは熱に弱いのでとても効果的です。
お湯を沸かしていたら逃げてしまう・・・という場合は、タオルや座布団などを上に被せてしまい、動きけないようにしておきましょう。

他には熱に弱いということでドライヤーで熱風をかけるというのも効果が
あるようです。(コードが届くところという制限がありますが・・・)

最低限「火バサミ」は常備しておくことをおすすめします。
素手で触る人はいないと思いますが、厚手の布などで掴んだ場合でも
隙間から出てきて手を刺されることもあるので。

3.予防する方法
ムカデは家の中に住み着くことはありません。
住んでいるのは家の外です。湿ったジメジメしたところを好むようで
家の中が湿度が高い状態になっていた場合進入することがあるようです。
季節的には5月~10月くらいが多いようで、ちょうど産卵して子育て
をする頃と重なるようです。
餌としてゴキブリなどの昆虫を初め魚肉ソーセージなども食べるようです。

〈図式として〉
湿気が多い→カビがはえる→ダニがわく→ゴキブリが増える→ムカデが侵入という状態があるようですので、こういった環境を作らないのが大切です。

家の中だけでなく、家の周りに物を置いておくと物のしたにムカデなどの虫が隠れるようになり、結果壁を伝って家に入ってしまう・・・となるようです。

これを防ぐためには・・・

・家の周りに物を極力置かない。
・家の中もムカデが隠れるような場所を作らない。
・換気をよくしてカビが生えないように注意する。

こういったことが重要なことのようです。

これを補助する方法として効果的なものとして、薬剤が不安な方にも
有効なのは「木酸酢」を薄めて家の周りにまくという方法です。
天然のものなので無害なので安心です。

□まとめとして□
我が家には未だにムカデが出ますが、環境を整えることが大切ということがよく分かりました。
薬剤を使うことに抵抗があるので(小さいこどもがいるため)いろんな方法を調べてみましたが、みなさんにも参考になれば幸いです。

また良い方法などがありましたら紹介しますので、これからもこのブログをよろしくお願いします。

スポンサードリンク