◇スマホを持ちたい。でも・・・◇

スマホを、普通のキャリアで契約した場合、5000円~8000円というとても高い維持費になります。
※キャリア:ドコモ、AU、ソフトバンクなどの会社

これは、スマホが電話だけでなくインターネットを使うことが前提になっているのではじめからパケット無制限のプランに入ることが必須となっているためです。

我が家のように低所得の場合、月額5000円を超えるスマホを持つのは難しいので論外なのですが、パソコンのような機器が大好きな私としては・・・欲しいというのが本音です。

でも、そのままでは支払いが難しいですし、第一我が家の財布を握っている妻が首を立てに振ってくれるとは思えません。

何か良い手はないものか・・・とネットをいろいろと探してみました。

すると、いろいろな方法がありました。

◇2台持ちという選択◇

スマホを使う場合、スマホには「電話」という機能と「インターネット」という
2つの機能があるのですが、使うか使わないかは別として必ず両方の
機能を使うことが前提となります。

もちろんそれらの両方を使う必要があるのなら良いのですが、場合によっては「インターネット」は、ipadなどのタブレットやモバイルPCなどを使うから特に必要ないという人もいます。
コンパクトなタブレットとも言えるスマホなので、特にこうした用途の重なるものを複数保つ必要はないでしょう。

でも、インターネットはスマホでは使いにくいという人などには、パソコンやタブレットのほうが圧倒的に使いやすいのです。
そして、電話の機能にしてもいままで使っていた携帯電話(ガラケー)の方が単機能なのでシンプルで使いやすいのが実情です。

そんな時、わざわざスマホを1台で持たなくても別々に持つという選択も
ありなのです。

つまり、
「電話の機能」については、フィーチャーフォン(ガラケー)を使う。

スポンサードリンク

「インターネット」の場合は、モバイルPCかタブレットを使う。

こういう選択です。

◇タブレットやモバイルPCは大きいという場合◇

タブレットや携帯用の小さいパソコン(10~12インチ)は、自分には少し
大きいし重いという人もいると思います。

そもそも、スマホにしたのは「その小ささと軽さ」という理由の人にとってはわざわざタブレットなどのかさばるものにしたくない・・・という思いも
あるでしょう。

でも、この2台持ちにするメリットというのはとても大きいのです。

スマホを各キャリアで契約をした場合、月額5000円~7000円の高額に
なるということは先ほど書きましたが、別々に持つ場合では
1500円程度で両方を持つことができます。

その場合、いろいろな選択肢があるのですが、インターネットをヘビーに
使う人は無理ですが、ライトに使う人なら(メールと簡単なブラウジング)
十分な利用ができるのです。

〈方法1〉通話付きデータ通信SIM

データ通信のみのSIMに通話の機能もつけたもので、低価格ながら
ちゃんと通話も通信も両方が可能です。
ただ、キャリアのメールが使えないなどの制限があります。

〈方法2〉データ通信SIM + 携帯電話(ガラケー)

データ通信のみのSIMをスマホに入れて、メールやブラウジングに使うと
いう方法です。
電話は、今までどおりキャリアの携帯電話を使うことで、メールや
インターネットは前者に任せるので、基本料を抑えることができます。
キャリアのメールを使う場合は、若干高くなりますがそれでも1200円程度です。

このように、自分に必要な物だけを選択して、必要な物だけを契約する
ことでかなり月額料金を安くすることができます。

これらの方法なら、2人でも携帯とスマホを両方もっても5000円未満と
なるので、妻にもOKを貰えそうです。

スポンサードリンク