毎年流行するインフルエンザ。

数年前に騒がれた新型インフルエンザはともかく
通常のインフルエンザは毎年流行するので予防接種をする人が
てても多いですね。

費用は自治体や病院によっても多少違うみたいですが、
3000円~5000円程度のようです。

ただ、この予防接種には「有効期限」のようなものがあり、うってから
3か月程度しか効果が無いようです。

そのためあまり早く注射をしても、肝心のシーズンになった時に
インフルエンザへの抵抗力が弱くなっている・・・なんてこともあるようです。

だから、インフルエンザの予防接種をうつ時期というのがとても重要なのです。

ちなみに、インフルエンザが流行するシーズンといえば1月から2月が
一番多いようです。

スポンサードリンク

この期間に予防接種による効果が最大限に発揮されるようにするには、
12月中旬くらいに摂取するのがよいでしょう。

インフルエンザ自体は11月中旬から流行し始めるようですが、
「入学試験」のシーズンでもある1月から3月に突発的な感染による
高熱で、試験日当日にダウン・・・・という状態だけは避けたいと
言う方が多いため、このスケジュールで注射を打たれる方が
おおいようです。

もちろん、受験生だけでなく小さいお子さんやお年寄りのいらっしゃる
家庭では、注射を本人がするのが難しい場合もありますから、
周りの家族がきをつけなくてはいけませんね。

あと、予防接種も大切ですがそれだけでは不十分です。
やはり日頃の手洗いうがいなどの習慣が、インフルエンザにかかりにくい
体を作りますので皆さんで気をつけていきましょう。

スポンサードリンク