七五三の服は、可愛いものです。

生後100日のお宮参りや、喰い始めなど子どもの成長を祝う
行事はいろいろとありますが、特に可愛い服を着て記念撮影をする
初めての機会になるのではないでしょうか?

七五三とは、子どもの体の成長に合わせて3つの節目を祝うものです。

昔は家紋付きの着物で祝ったものですが、最近は洋装(タキシードやドレス)
などで、可愛く・カッコ良く写真を取る人も増えてきたようです。

ただ、この「七五三の服」はその時だけ着る服であり、お祝いの後は
なかなか着る機会がありません。

女の子の着物であれば、成長に合わせて縫いかえることで着丈を調節し
3歳~7歳まで着ることもできるようですが、それでも3度だけの晴れ着に
なってしまいます。

男の子にしてみれば、その都度買い換える方も多いのではないでしょうか?

七五三といっても、男の子・女の子共にそれぞれ2度のお祝いになるので
2回使うだけのために高額の費用がかかるわけです。

もっとも、孫の誕生を待ちわびた祖父母にとってはとても喜ばしいことで、
おじいちゃん・おばあちゃんからお祝いとして贈られることも多いようですが、
成長した後は着ることもないものなので、できれば安く済ませたい
という方も多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

実は我が家もそうなのですが、男の子一人、女の子一人なので
七五三の服は買わずに借りました。

写真は残るものなので、ふたりとも撮っているのですが、家族も一緒に
写ると記念となりとてもよいです。

その写真をとった後に、写真館にお願いすると貸してもらうことができるので
着付けをしたままの格好で、近くの神社に向かうわけです。
こうすれば写真館と同じ服装で神社の撮影もできますし、着物の場合
着付けや髪飾り、小物なども借りることができるので、とても便利です。

お参りを済ませた後は、場所にもよりますがクリーニング代を渡すだけで
済むので非常にリーズナブルです。

手軽にできて写真もバッチリ取れるので、七五三の服は高いと悩んでいる
方は、「写真館での撮影」と一緒に「服のレンタル」も検討して見られたら
いかがでしょうか?

その分浮いたお金で、男の子であれば「五月人形や鯉のぼり」を、
女の子であれば「お雛人形」を買うことができるので良いのではないでしょうか?

スポンサードリンク