◇24時間テレビ チャリティーマラソンの歴史◇

毎年の恒例行事のようになってきた24時間テレビ。

その中でも毎年の恒例のコーナーがあります。
「ドラマ」と「マラソン」です。

1978年に日本テレビの開局25周年の企画として始まった24時間テレビ。
「愛は地球を救う」のキャッチフレーズで2014年の今年で37回目となります。

歴代のランナーでも、最近の記憶に新しいのは森三中の大島さんや
北斗ファミリーなどかも知れませんが、個人的に印象に残っているのは
当時人気のあった「エド・はるみ」さんやニューハーフで初めての出場した
ケンジくん・・・ではなかった「はるな愛」さんです。
後忘れてはならないのは「間寛平」さんですね。
彼はこのチャリティーマラソン初のランナーであり、何度も走っています。

しかもフルマラソンの4倍以上の200キロを何度も走っているのです。

素晴らしいことだと思いますが、ランナーの皆さんは走ることが決まってから
約半年をかけてコーチからのアドバイスを受けながらほぼ毎日のトレーニングを
積みながら走っているのです。

マラソン自体、今回で23回目となるわけですが色んな意味で毎回ランナーは
その時の話題の人であったり、ランナーとして新しい境地を開く人を起用して
いるようです。

今回の城島さんは「ジャニーズ」として初めてではありませんが、
今までのジャニーズのランナーよりも少しでも多く走りたいと意欲をみせ、
それまでの100キロに1キロ多い「101キロ」を走る予定のようです。

43歳という年齢は、若いような、老けているような・・・昔で言えば「中年」と
言われるよな年です。
決して若くないので、体としてはけっこう辛いのではないかとお思いますが、
私も同世代として応援したいと思います。

スポンサードリンク

◇チャリティーマラソンの歴代ランナー◇

24時間テレビのチャリティーマラソンで走った歴代ランナーが気になる事があります。
なんとなく見ていたので、このリストを見ると当時の記憶が蘇ります。
※1992年の1回目から1994年の23回めまでです。

1回目 間寛平さん 
2日目 間寛平さん
3回目 ダチョウ倶楽部
4回目 間寛平さん
5回目 赤井英和さん
6回目 山口達也さん
7日目 森田剛さん
8日目 にしきのあきらさん
9日目 トミーズ雅さん
10回目 研ナオコさん
11回目 西村知美さん
12回目 山田花子さん
13回目 杉田かおるさん
14回目 丸山和也さん
15回目 アンガールズ
16回目 萩本欽一さん
17回目 エド・はるみさん
18回目 イモトアヤコさん
19回目 はるな愛さん
20回目 徳光和夫さん
21回目 佐々木健介&北斗昌ファミリー
22回目 森三中 大島美幸さん
23回目 城島茂さん

毎年のランナーが走るときの応援メッセージのファックスがとても興味があり
見ています。
中にはプロのような似顔絵があったりして感心しますが、絵だけでなく
そのメッセージも温かいものが多いです。

ジャニーズの城島さんは、アイドルなのでファンの方からのメッセージも多いと
思いますが、アイドル離れしたその親しみやすさから、いろんな方からの
幅広い応援メッセージがありそうです。
個人的にはこうした所も見どころで、チェックポイントですね。

皆さんで応援、メッセージしてもりあげていきましょう!

スポンサードリンク