ふるさと納税ってなに?

最近、いろんなところで「ふるさと納税」という言葉を
聞いたことがある・・・という人は増えてきているんじゃないでしょうか?

私は、3年前に知ってから毎年この制度を使って「寄付」をしています。

そのおかげで、いろんな美味しいものが食べられました。
「えっ」って思った人もいるかもしれませんね。

だって、「寄付」をして「美味しいものをたべる」って
矛盾しています。

自分で行っていてもわかります。

でも、これって本当にそうなんですよ~。

スポンサードリンク

ふるさと納税の凄さ!

ふるさと納税っていうのは、簡単に言えば
「寄付」です。

もう少し詳しく言えば、
人口の少ない(=税収の少ない)自治体に、税金という収入を多くもらえる
チャンスを設けよう・・・と考えられて作られた制度です。

人口の多い場所・・・例えば都市と
人口の少ない場所・・・例えば地方(俗に言う「田舎」です。)

どちらが税収が多いか・・・
言わずもがなの「都市」です。

人口が多いということはそれだけ税金を収める人が多いからです。

それに対して、地方では人口が少なく税金を収める人自体が少ない。
だから、税収が少ないのです。

その差を埋めようと、いろいろな制度がありますがそのうちの一つ・・・と
考えれば分かりやすいと思います。

ふるさと納税ってお得!

スポンサードリンク

ふるさと納税は、「寄付」といいましたが、これをすると私達にとってとても「お得」です。

「え~、なにいってんの」という方もいるでしょう。
募金なんかしても、いっそもいいことないよ~ってね。

寄付なんか、金持ちがすればいいことやん。
私自身そう思っていました。

でも、違うんです。

この制度でする「寄付」は、自治体にすると「返礼品」というプレゼントがもらえます。
だから、とってもお得!

どれくらいお得かって言うと、
1万円を寄付すると1kgの牛肉がもらえたり、10kgのお米がもらえたり、2kgの鶏肉がもらえたりします。

「ふ~ん、プレゼントがもらえるんならいいなぁ」とおもうでしょ。
でも、「牛肉が1kg1万円?高くないか?」って思いませんでした?

でも、違うんです。
これ、プレゼントはもらえるんですけど、実は自己負担金は2000円だけで、
他は自分の本来支払う税金の中から差し引かれる…つまり税金が減るんです。

つまり、本当だったら税金で支払うだけだったものが、一部「お肉やお米」になって
戻ってくるという、とてもオトクな制度なんです。

やらなきゃ損・・・と私は思うんですけど。
でも、色んな人に教えても
「めんどくさい」
「うさんくさい」
なんてことを言って、やらない人がお多いんです。

そんな方のために、次はふるさと納税の「やらなきゃ損」な理由について
もう少し詳しくお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク