私は以前、毎年採用試験を受けるために東京まで受験に行っていました。

1回に1日、年2回の小旅行です。旅行と言っても観光をする余裕は無く、試験前日に前のりして当日の試験が終わるとすぐに帰る・・・という日程でした。

だから、できるだけ安く旅費を抑えたかったんですね。

毎年のことなんで、色々と調べて試しました。

◇大切なのは「費用?」それとも「快適さ?」

よく使われる言葉に「費用対効果」というのがあります。

将来的な仕事に関わる試験なので本来試験当日にベストパフォーマンスを出すためにも、できれば「快適さ」を選びたいものです。

スポンサードリンク

快適さというのは人それぞれかもしれませんが、私にとって「新幹線」というのは今でもとても快適なのりものです。例えそれがグリーン車でなくてもです。

本州の最西端の地から上京するので、新幹線でも約5時間かかりますし、飛行機でも1時間半かかってしまうので、通常片道が2万円程度の予算となってしまいます。

体も楽だし、何より早く到着することができるので、新幹線や飛行機というのはとても魅力的な選択肢です。

ただ、若い時には時間よりも「お金」が重要になってしまいます。だってないんですから・・・。そのためどうしても快適さは2の次となってしまいます。

では、どういう方法が安上がりなのでしょうか?

 

◇東京に行くために最安値はどの方法?

交通手段を考える前にまず基準がないと考えにくいので、まず先ほどの新幹線をもとに考えてみたいと思います。

通常の値段は2万円といいましたが、新幹線には早期購入で割引がされる制度があります。通常試験などは何ヶ月も前から予定が決まっているものなので、事前に購入しておくと1万8000円くらいで購入が可能です。

これなら快適かつ少しでも安く新幹線を利用することができます。

ただ今回は「最安値」の交通手段ということで考えているのでこれは除外です。

では何が最安値となるか?ですが・・・私の経験からすると「高速バス」になります。

高速バスの場合、片道が1万2000円往復で2万4000円という値段になります。ただし、新幹線に比べ大幅にのびてしまい、12時間かかってしまいます。何とその差8時間です。約3倍の時間がかかってしまうのです。

前の日の夜にバスに乗って、12時間後の早朝東京駅前に到着するのです。

何よりも大変なのは時間というよりも、乗り心地が悪いので夜の間眠るというのがなかなか難しいのです。高速バスの中で眠る場所はベッド・・・ではなく、当然座席です。しかも通常の路線バスと同様横が3列と通路2列という風に通路を挟んで5列あります。男女で隣り合わせにならないように席は取るようになっていますが、それでも窮屈でプライベートスペースが少なくストレスは大きいのです。

ですから、試験のような大切な時・・・には、あまりオススメはしません。

スポンサードリンク

私の場合30代前半で利用を諦め他の方法を探しました。

◇できるだけ安くて快適な方法は?

高速バスが最安値と結論を出したのですが、あまりに疲れるので2回ほど利用しましたが、それ以降は利用していません。さすがにシートベルトを締めたまま12時間座ったままでいると疲れがたまります。体力に自信のある若い時ならいざしらず、ある程度年齢が行くと疲れが残るので使えません。

・・・で、困った私は色々と調べて、「楽天とらべる」や「ヤフートラベル」、「じゃらん」などのサービスを検討しました。

これは元々、楽天のサービスのヘビーユーザー?な私だからこそ思いついたのかもしれませんが、見てみると往復の新幹線料金よりも安い値段で、ホテル代まで込の値段で利用できるではありませんか・・・。

もっと早く知っていれば・・・と思いましたが、気づいてからは更に安いホテルの組み合わせなどを色々と調べて予約をするようになりました。

ホテル代込みで新幹線往復と合わせてなんと・・・3万1000円くらいで利用できました。

しかも、飛行機を利用した場合でも、3万3000円くらいです。

こんなに安くて、早く行けて、快適・・・と三拍子そろった方法があるのなら、何年も前から利用したかった・・・と思いました。

 

◇楽天トラベルやじゃらんなどの利用の注意点

これは「楽天トラベル」や「ヤフートラベル」「じゃらん」などのネット予約系の旅行サービスに共通するものなのかもしれませんが、利用する時に注意する必要があります。

その注意点とは、「早めに予約する」ということです。

別に「早期予約」という制度がない場合でも、2週間前くらいから段々と安いホテルがなくなってきます。条件の良いものがなくなってくるのです。試験のような大規模な者では多くの人が同じ日に集まるので、1週間前くらいになると宿泊と交通費の合計金額が1000円~3000円くらい上がってしまいます。

交通費の値段は1週間前でも1か月前と変わらないようですが、ホテルは安い値段のものからどんどん決まっていくので、結果的に最安値の合計金額が上がってしまいます。

だから、もしあまりこだわりが無ければ、場所や値段で希望の所を決めて早めに予約する方が良いと思います。

 

◇マラソン大会などでも同じです

今回は、私が毎年受験のために東京に行っていた・・・という例で話しましたが、これは試験だけではありません。毎年のように行われている大規模なイベントでは同様の現象が起こります。

例えば「東京マラソン」のような大規模なイベントでは、同じ日に多くの人が同じ場所に集まります。すると通常定価よりも大幅に割引されている宿泊施設が通常の値段に戻ってしまうので、しかも泊まる場所も少なくなってしまうので注意が必要です。

宿泊と交通費のパックサービスは多くありますが、予定が決まればできるだけ早く予約をしておかれると良いと思いますよ。

 

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク