毎年12月になるとカボチャが美味しい季節です。
冬になるとかぼちゃが食べたくなる私ですが、特に12月22日頃にはカボチャを食べる風習が昔から日本にあるのですがご存知でしょうか?

スポンサードリンク

でも、それが何のために行われているのか今まで知りませんでした。
夏に食べる「土用の丑の日」のうなぎのように栄養補給の意味があるのだろう・・・という予想はしていましたが、それだけではないようです。

【げんを担ぐことが大好きだった昔の人達】
験担ぎ(験担ぎ)というのは今でもやりますが、昔の方はよくやっていたようです。
医療も今ほど発達していなかった時代なので、神頼みなどが盛んだったのでしょう。

12月22日頃は【冬至】ということで、一年で一番昼間の時間が短い日となります。
この日を堺に日が長くなっていくわけですが、一陽来復と言って段々と陰から陽へと運気も開けていく日・・・というように考えられていたようです。

そのため、この冬至に日は【運気】を呼びこむために特別な日と考えられており、先ほどの【験担ぎ】のために「ん」のつくものを食べることがあったようです。

【冬至にかぼちゃを食べる理由とは?】

験を担ぎ、良い運気を呼びこむために【ん】のつくものを食べていた昔の日本人。
それはどのようなものがあったのでしょうか?

今でも、それらを食べる習慣が残っている地域や家庭もあるようですが、一つ一つを食べるというよりもまとめて鍋に入れて食べる方法が多いようです。

スポンサードリンク

その「ん」がついた食べ物とは・・・
「だいこん、れんこん、にんじん、うどん、ぎんなん、きんかん」です。
※キンカンは、鍋ではなくデザート的に食べるようです。

・・・で、なぜ冬至にかぼちゃかというと、かぼちゃ・・・というと「ん」がありませんよね。
ただ、感じで書くと「南京(なんきん)」となり、「ん」がつくのでこの中に入っているようです。

実際、かぼちゃは冬のこの時期が旬でとても美味しいですし、栄養も多いので好んで食べられるものの一つですよね。

【朔旦冬至(さくたんとうじ)】
話は少し変わりますが、2014年は「さくたん冬至」といわれる特別な冬至なのです。

この日は新月であり、尚且つ冬至という日です。
つまり太陽で言えば日照時間が一番短い日、月で言えば完全に欠けて見えなくなっている日ということです。
いわば陰の極み・・・とでも言った日なのです。

この日以来、日(太陽が出ている時間)はながくなり、月は少しずつ長くなっていくのです。

月と太陽の周期が異なるために起こる現象ですが、それを「朔旦冬至」というわけです。

何が特別かというと、周期が異なるためにこのように新月と冬至が一致するのは19年に一度しかないということなのです。

今まで運気が今ひとつだったという方は、なにか験担ぎをしてみても良いかもしれませんね。

スポンサードリンク