【インフルエンザの予防接種の値段の相場はいくら?】

インフルエンザの予防接種はいくらなのでしょうか?

私は子供の頃から病院は同じ所にずっとかかっていたので、インフルエンザの予防接種はどこで注射しても同じ値段だと思っていました。

ただ、子どもが保育園に入園して他の保護者の方から「○○小児科はインフルエンザの注射が安いよ」という話を聞いたのです。

スポンサードリンク

それまで、病院によって値段が変わるということ自体を知らなかった私はいろいろと人に聞いてみると、病院だけでなく自治体によっても値段が違うということを知りました。

【自治体によっては補助金が出るところも】

インフルエンザ予防接種の料金は「標準小売価格」のような決まった価格があるわけではないようです。
そのため病院によっても料金がまちまちのようです。
子供がかかっていた小児科では、院長先生の好意でかなり料金が安く2回で3000円程度でした。

隣の県では5000円程度するとのことで、わざわざ隣の県から子どもを連れて注射をしにこられていた方もおられたようです。

スポンサードリンク

ただ、それ以上に安いのが「自治体の補助金」がでている場合です。
私が住んでいるところでは、日本一高齢化が進んでいる島があるのですが、高齢者が多いためかその島の病院では1000円でインフルエンザの予防接種が受けられるということでした。

私もそれを聞いた時に、その島に行って注射をしようかと思いましたが(家族3人で9000円が3000円になるので)、その島に住んでいる人か働きに来ている人が対象とのことでダメでした。

【インフルエンザの接種は必要?】

インフルエンザの予防接種の代金が、自治体や病院によって異なることについてお伝えして来ましたが、実際この予防接種は必要なのでしょうか?

必ずしも安くない料金なので考えてしまいます。

人に接する職業の場合や、受験がある学生などが予防接種を受けることが多いようですが、予防接種をしたからといって「インフルエンザにかからない」というわけではないようです。

それに予防接種で注射するのは「ワクチン」というもので、インフルエンザのウィルスを弱めたものなので、体力のない時にすると返ってインフルエンザにかかってしまう可能性もあります。

どちらにしても注射を下から大丈夫・・・ではなく、インフルエンザにかからない体力づくりと規則正しい生活、手洗いうがいという日頃の生活が大切のようです。

スポンサードリンク