【ワードプレスをドメインとルートで表示する方法】

ワードプレスをインストールするのは、昔ならFFFTPでファイルをアップロードした後にそれを解凍し、サーバー側でもデータベースの設定をしてやるなどいろいろと難しかったです。
でも今は「簡単インストール」のサービスをサーバー各社が提供しておりとても簡単にセットアップできます。

スポンサードリンク

ただサーバーによってはインストールする場所がドメインのルートではできないものもあり、よけいなものが付く場合があるのです。

例えば、 abc123 という独自ドメインを取ってサイトを運用しようとした場合
「http://abc123.com」となりますが、これが
「http://abc123.com/wp」となります。

ちょっとかっこ悪いですよね。

せっかくドメインをとったのに、ドメインそのままでは表示できないなんて不便です。
このようなサーバーは色々とあるようで私が使っている「さくらサーバ」などは自動インストールするときにはこのように「サブディレクトリ」でないとインストール出来ないのです。

もちろん自動インストールを使わないで「手動インストール」をすれば出来るんですがせっかくある自動インストールが使えないなんてちょっとメリットが無いですよね。

それに、インストールした後に「えっ、なんで!」と気づいた時なんか、もう一度インストールし直すのも疲れるし・・・。

そんな時に便利なのが「.htaccess」というファイルを使った方法です。
インストールをし直す必要もないですし、フォルダの移動も必要ありません。

言ってみれば、「.htaccess」というファイルに必要事項を記入し、そのままのドメインでも表示が可能なように転送してやるのです。

転送・・・といっても、「http://abc123.com/wp」から「http://abc123.com」へと、正しい場所に誘導するので利用者にとっても良いですし、いかがわしいサイトに転送するわけではないので大丈夫です。

多少やることはありますが、手順通りにやっていけばそこまで難しくありません。

スポンサードリンク

□正しく表示させる手順□

WPでの設定
ワードプレスの中のダッシュボードの画面にある「設定」で簡単な設定をします。
具体的には、「設定」の中の「一般」を開き、その中にある
「WordPressアドレス(URL)]に先ほどの「http://abc123.com/wp」が表示されており、その下の「サイトアドレス(URL)」にも同じ「http://abc123.com/wp」となっているはずです。

ここで「サイトアドレス」を希望のアドレスに変更します。
つまり「wp」がつかないドメインだけのURLの「http://abc123.com」にするのです。
変更を保存すると終わりです。

WordPress側の設定としてはこれで終わりなのですが、このままではまだ設定が反映されていません。

次は「.htaccess」と「index.php」いうファイルを変更します。

「.htaccess」での設定
ここでは先ほど設定したワードプレスの情報を、「.htaccess」に書き込むだけです。
ただ、このファイルを編集するには「FFFTP」というソフトなどを使って、「.htaccess」ファイルを一度ダウンロードしてから、テキストエディタで開かなくてはいけません。

少し手間かもしれませんが、メールの記入ができる人なら編集作業は問題なくできるはずなのでやってみましょう。

まず「index.php」のファイルを開き、下の部分にある「require‘./wp-blog-header.php’); 」に「/wp」を加えます。
つまり「require(‘./wp/wp-blog-header.php’); 」とするのです。

できたら保存して、それをFFFTPなどを使いドメインのフォルダの中に戻してOKです。

これで「/wp」のついていないドメインのみのURLでアクセスができるようになるはずです。


もちろん、これでも難しい・・・と思われる場合は、もう一度自動インストールを使わずに「手動インストール」すれば問題ないのですが、手動インストールのほうが初心者には若干ハードルが高いと思います。
自動インストールをした時にどうしても、サブディレクトリにインストルされてしまう場合にはこの方法が役に立つと思いますので参考にされてくださいね。

スポンサードリンク