敬老の日が近づくと身近なお年寄りに何かしようかな?・・・と思うことがあるのですが、身近といえば家族ですよね。

必然的に私や妻の両親となってくるのですが、毎年なのでいざ何を贈るか・・・と考えてみても、段々とネタ切れになってくるんですよね。
そんな時に最近良く使うネットで調べてみると面白いものがありました。

よく結婚式などでは引き出物で見ることがあったのですが、お酒やワインのボトルに新郎新婦の「名前」が彫ってあるというものです。

スポンサードリンク

ガラスの表面を削ることで、名前をほっているのだと思いますが結婚式のようにある程度数(50個くらい)の注文ができないと難しいと思っていたのですが、これが個人の名前でできるみたいなんです。

スポンサードリンク

どういうことかというと、例えばオヤジの名前をここに彫って贈る・・・なんてことが可能なんです。
他にも「毛筆による手書き」のラベルをつけた日本酒というのもあるようです。

どちらにしても、ちょっと珍しいしかっこいいですよね。

販売しているところも色々とあるようですが、私の場合は日頃からよく使っている「楽天」で注文してみようと思っています。

「ボトルに名前を彫刻」するタイプか「手書きの名前のラベル」か悩むところですが、敬老の日に贈るには良さそうですよね。

お酒も甘口、辛口なども選べる場合がほとんどなので色々と探してみるのもよさそうです。

贈った時の喜ぶ顔を思い浮かべるとなんだか嬉しいですね。

スポンサードリンク