◇子どもがスマホを持ちたいと言い出した◇

子どもの最近の必須ツールと言うとなんでしょう?

一昔前では携帯電話(メールや電話)ということだったようですが、
最近は「スマホ」のようです。

スマホ(スマートフォン)の普及率はとても高く、一時ガラケーを抜きました。
ただ現在、スマホに変えたはいいが使いにくい・・・ということで、ガラケー(フューチャーフォン)に戻すという人も多いようです。

そんな中、中高生の間では大人に比べて適応力も高くスマホが使いにくい・・・なんてことは無く、使いこなしています。
携帯でいいじゃないか・・・・と思うかもしれませんが携帯と違うところが
あるので、携帯ではダメなんです。

◇スマホと携帯の違い◇

では、スマホでないといけない理由。
携帯ではダメな理由とはどんなところなのでしょうか?

それは、「ライン」を始めとするアプリです。

アプリとはもともと「アプリケーション」の略ですが、携帯では動作しないアプリがスマホには沢山あります。

中でもスマホの人気アプリで、中高生の必須アイテムともなっているのが「ライン」なのです。

これは、メールとは異なりイメージ的には掲示板の書き込みのような感じで登録している相手の書き込みが時系列で見ることができます。
その他にメールのような使い方や電話のような使い方もできるようですが、このアプリがないと友達とのコミュニケーションがとれない・・・という子どもたちも多いのです。

だからたぶん、「中間テストがんばるから、○○番以上になったらスマホ買って!」

なんて会話が親子の間ではよくあるのです。

ただ、親としては勉強はしてほしいもののスマホを与えてからのことを考えると変な交友関係ができても困るし、スマホを使ってばかりで
返って勉強をしなくなるのでは・・・なんてことを考えてしまい
なかなか「OK」とは言いにくいですよね

◇スマホと携帯の料金比較◇

料金のことを考えると、スマホは高いらしいということは聞いたことはあるけどどれくらい高いのかよくわからない・・・という方も多いでしょう。

大人では、電話だけできていればいいわけですし、インターネットを使うならパソコンを使えばいいわけなので、強いてスマホを保つ必要もないわけです。
だからスマホの月額費用なんて知らない・・・という人も多いんですよね。

実際どれくらい高いのかというと、

○携帯電話:
基本料:1000円程度
通話:2000円程度
※電話のみなら通話料併せて2000円くらい。プランで異なります。

○スマホ:
基本料:1300円程度
パケット料:4000円~5000円
通話料:2000円程度
※通話料は使っただけ、もしくは話し放題のプランで3000円程度。
または、スカイプやライン、050プラスなどのサービスを使うこともできます。

スポンサードリンク

合計金額で比べると、2000円前後の携帯と4000円~8000円程度のスマホでは大きく費用が異なります。

このため、金銭的な理由でもなかなか子どもがスマホを持つのを認めにくいという大人の事情もあります。

◇スマホを安く持つ方法◇

スマホはやっぱり高いからダメだ。
家ではそんな高いものは契約できない。
1ヶ月に8000円だって!冗談じゃない。

・・・そんな風に感じた方も多いでしょう。
でも、先にも書きましたが子どもたちにとってスマホは「必須ツール」と
なっているのです。

それを「ダメ!」といっていても、認めざるをえないようなときも
あるでしょう。

そんな時にこの「費用をどうするか?」という問題があります。
実際に生活費に対してもスマホ代が高いので困りモノです。

そこで工夫なのですが、方法があります。
まずその効果をはじめに書いておくと月額の費用を、
1000円~2000円程度で済ませる事ができます。

あと、補足で書いておきますが子どもたちは実を言うと「スマホ」でなくてもいいのです。ただ、携帯電話ではダメ。

その違いとは、「ライン」が使えるかどうか・・・なのです。

つまり、ラインが使えれば「スマートフォンでなくても良い」ということ。

でも、スマホでないと「ライン」などのアプリは使えないって行ったじゃないか!?
・・・という方もいらっしゃるでしょう。

いや、実はアプリが使えるものは他にもあるのです。

例えば、iPhoneというスマホは「i OS〈アイ・オーエス)」というプログラム上で動いています。iPhone以外のスマホは「アンドロイド」というプログラム上で動いているのです。

これらのプログラム(OS)は、スマホ以外にも採用されているものがあります。
「タブレット」というのですがご存知でしょうか?

ぱっと見は大きいスマホと言った感じだと思いますが、一番有名なのはアップルが作った「i PAD(アイ・パッド)」ではないでしょうか?

アンドロイドでもいろんなタブレット端末があります。

あと、スマートフォンと同じ小さいサイズのものもいくつかあります。
「i OS」では「i pod(アイ・ポッド)」が有名です。
音楽プレーヤーという感じが強いですがiPhoneよりも少し薄くて
画面はほとんど同じです。
通信機能がありませんが、Wi-Fiなどを利用すれば「ライン」も使えます。

「アンドロイド」では「ネクサス5」が有名です。
ネクサスには7インチのネクサス7もありますが、5の方が小型で
スマートフォンに似ています。
実際にSIMカードを入れることもできるので、スマートフォンとしても
使えます。

このようにいろいろな方法があるのですが、これらの端末は携帯電話として契約したものではないので、別に通信用のカードを用意してやる必要があります。

スポンサードリンク