携帯電話やスマートフォンの維持費はとても高いですね。
以前から高いな~と思っていましたが、スマートフォンになってからは、パケット量がとても増えるので、パケット量無制限のプランにすることに
なります。
そうすると、そのオプション料金がだいたい3000円~5000円になるので、基本料と合わせると月額が4000円~7000円程度と高額になってしまうのです。

ただ、この料金を無料にしてしまう方法があるのです。

「無料」といっても全くの無料ではなく、よく携帯電話会社がいう
「実質無料」というやつです。
いやこの言い方は正確ではないかもしれません。
どちらかと言えば「プラス」になります。

◇昔からよくある方法◇
以前もよくこの手の話はありました。
「8円ケータイ」なんてのも流行りましたよね。

購入時の特典として、月々の支払にキャッシュバックがされるのですが、その時にキャッシュバックの金額よりも、支払いが安くなる機種を選ぶという方法でした。
いわば、携帯電話会社の盲点をついた方法でしたが、どうしても残るのが「ユニバーサル接続料」の8円ということで、毎月8円の請求がくるというものでした。

◇携帯電話の基本料を無料にする方法◇

今回の方法も、上の方法とよく似ていますがスマートフォンになってからより各キャリアの、ユーザー争奪合戦が過酷になりその傾向が強く
なったのです。

そのため、ときどきですが本体価格が一括0円なのに、月々の利用料の中からキャッシュバック、それに現金やクーポンなどまでもらえるというキャンペーンがあるのです。

この時に購入すれば、本体はもちろん無料で手に入りますし、
月々の割引もあるので利用も少額でできます。
なおかつ、現金やキャッシュバックの金額が1万円~3万円ということもあるので、電話の基本料だけなら月に1000円程度なので年間でも
1万2000円程度の支払いとなりこのキャッシュバックで十分にまかなえる計算になります。

◇スマートフォンのパケット代も無料にする方法◇

上記の方法で、キャッシュバックを使えば基本料程度なら十分払えますので、役立つと思います。

でも、
「いやー、そんなのだれでも分かるって。当たり前じゃん!」

さらに、
「私が知りたいのは、スマホが実質無料で持てるほうほうだ!」
と思われる方もいるでしょう。

では、その話に進みましょう・・・。

先ほどの話の続きなのですが、「一括0円」というキャンペーンをやっている時が重要です。

この時ならMNPでキャリアを移した時に、無料でケイタイやスマホが手に入るのでお得なのですが、キャッシュバックがいくらあっても月額の支払いはいろんなオプションをつけられるので、6000円~8000円程度かかってしまうのです。
※月6000円の場合、年間72000円の支払いになるのです。

だから、結局解約をしてしまったり、プラン変更をしてしまう方が多いの
ですが、3ヶ月でこれらのオプションは解除できますし、解約することも
可能です。

ただ、解約したり大幅なプラン変更をする場合には「違約金」がかかり、約1万円もかかるのです。

そうなれば、初めの契約と解約料などを合わせるとキャッシュバックもほとんど消えてしまいます。
世の中そんなに甘くないな~っと思っていたのですが、先ほどの話を
思い出してみてください。

「一括0円」で手に入れたケイタイやスマホが手元に残るわけです。
これ、もし全く使っていない状態で人に売ればどうなると思いますか?

新品なので人気のある機種なら「2万5000円~3万5000円」で売れるのだから驚きです。

このように、本体を新品の状態で売ることができれば先ほどのキャッシュバックに加えて30000円の現金が手に入るのです。

このようにすることで、契約後に解約をして料金がかかったとしても
それらの料金を上回る額のお金が入ってくるのです。

でも、これでも1年間で考えれば月に2000円程度の費用がまかなえるに過ぎないことにお気づきの方もいるでしょう。

スポンサードリンク

そんな時には・・・・、次の方法があります。

◇スマートフォンのパケット代まで全ての費用をまかなう方法◇

ここまで、読んでこれた方はとてもスマホやケイタイの支払いに
困っているのでしょうか?
私自身とても困っており、なんとか方法はないかといろいろと調べた結果今までに書いてきたような方法を見つけました。

これだけでも、十分・・・と思った方もいるでしょう。
でも全額を出すとなると、なかなか難しいのです。

月額6000円程度かかるスマホの維持費は1年では7万円以上になります。
そうすると、本体を3万円で売っても足りません。
後4万円くらい・・・。

でも、方法はあるのです。
そう、倍にすれば・・・3倍にすれば十分すぎるほどの9万円という額に
なりますから。

「いや~、そんなに繰り返してたら怪しいでしょ・・・」

そうですね。
繰り返し1台で何度もやっているとかなり怪しいです。

もしかしたら「要注意人物」として店側からマークされたり、
キャリアの方からブラックjリストに入れられたりすることもあるかもしれません。

ただ、よく読んでください。
「1台で繰り返し・・・」というところを。

3台~4台くらいでやれば、3~6ヶ月に1度やるだけで、1年に
2回~3回この方法ができるのです。

そうすれば、1台で3万円でも3台なら9万円ということになります。

でもまた、
「え~、うちの家族4人もいないよ・・・」
なんて言う方がいらっしゃるかもしれませんね。

でも考えてください。
1人で1台とだれが決めたのでしょう。
ビジネスマンなら1人で2台持っている人も多いですよ。

そう、1人で複数の台数を持つことはできるのです。
ただし、5~6台持つことはできてもそれなりに維持費はかかりますし、同じキャリアであまり多く持ちすぎるのはキャリアから目をつけられる事になりますので気をつけましょう。

もちろん今のところ問題ないようですが、あまり繰り返しすぎると
この先どのようになるか分かりませんし、時間が経てば状況が
変わるのであくまでも「自己責任」でお願いします。

私はこの方法を知ってから、自分の持っている携帯電話の
番号を維持するために一度やりましたが、今のところ何度も
やる予定はありません。
ただ、このおかげで通信費の悩みはなくなりました。
1~2年に一度、タイミングをみてやれば十分です。

通信費にお困りのあなたのお役に立てれば幸いです。

◇でも、なんでこんなことができるの?・・・と思った人へ◇

私も初めこの方法を知った時に、
「そんなにうまい話はないだろう」
と思っていました。

でも、実際にこの手のキャンペーンは3ヶ月ごとくらいのペースで
各キャリアがやっています。

全然違う話になりますが、中古車屋さんで「新古車」というのを
見たことがあるでしょうか?
全く乗られていない新車なんだけど、半年前くらいに登録だけされて
いるという好条件の車です。

これらは、ディーラーがトヨタなどの車を作っている会社から
ある程度の「販売ノルマ」をかせられており、ノルマを達成できない時に店や自分の名義で一度買ってしまうらしいのです。

そうした車が中古車の市場でオークションなどに出て来ることがある。
それが中古車屋の店頭に並んだのが「新古車」というものらしいのです。

ちょっと脱線してしまいましたが、このように「ノルマ」が販売の
伴う業界ではあるようです。
決算に近い時期によくあるのですが、ケイタイ電話も販売なので
こういった事情があるのかもしれませんね。

特にMNPでキャリアの間で携帯番号をそのままで移動できるように
なってからはこの傾向が強く、以前よりも「販売促進」のためのキャッシュバックなどの特典が過剰なほどに増強されました。

なんだか過当競争・・・という感じですが、私達消費者にとっては
利用しない手はないですからね。

ただし、何度も繰り返しますが、実行する場合はくれぐれも
「自己責任」でしてくださいね。

スポンサードリンク